累計寄付:¥328,400
今月の寄付:¥1,000 │ 団体登録数:9

日本古来の伝統・文化・教育・遊戯に触れる機会を設け、地域の人々とのふれあい減少の改善に寄与する

  • 縁遊

日本古来の伝統・文化・教育・遊戯に触れる機会を設け、地域の人々とのふれあい減少の改善に寄与する

今月の寄付金額
¥0
今月の寄付件数
0

累計寄付金額:¥0

現在の継続寄付件数: 0件

毎月の継続的な支援が大きな支えになります。

※この寄付は寄付金控除対象ではありません

NPO法人縁遊 - えんじょい - とは、お寺を主なコミュニティーの場として提供し日本古来の伝統・文化・教育・遊戯に触れる機会を設け、地域の人々とのふれあい減少の改善に寄与することを目的とし、老若男女と共に、地域に根付いたボランティア等の活動も行い地域活性化を目指す団体です。

活動詳細をもっと見る
■設立に至るまでの経緯
私が大学時代(2003年)にイベントサークルを設立し、その後2010年8月30日にイベント団体を設立しました。 
私が僧侶ということもあり「人とお寺を繋ぐ懸け橋に」というサブテーマを掲げて、お寺のイメージを少しでも和らげられるような動力源となれるように活動し、人脈形成、及び、人と人の交流の場を増やすべくイベントを開催し続けて、NPO法人縁遊 - えんじょい - 設立の基盤作りに努めました。
そして、収支の明白化、企業・行政へのアプローチ、活動範囲の拡大、効率化がより増すという考えもあり、将来のために2013年2月7日にNPO法人縁遊 - えんじょい - の設立に至りました。

■事業内容
・昔遊び、三味線、書道、着物、着付け
・もちつき大会、落語会、納涼会 
・講座(姿勢・ヨガ・終活・認知症サポーター)
・寺koi(お寺で恋活、婚活)
・寺市(お寺で市場)
・縁遊-えんじょい-クリーン(地域清掃活動) 
・各被災地復興支援活動
・地域のふれあいの場所 提供
・地域活性化、日本の未来作り
活動詳細を閉じる

2019.03.02 18:34 【告知】第16回寺ヨガ

【第16回 寺ヨガ〜静かなお寺の本堂でリフレッシュ〜】

基本的には、どなたにでも出来るヨガです。
イスに座りながらでも可能です。
その人その人にあった、無理をしないヨガを心がけております。

動きやすい服装にて。
ヨガマットもしくはバスタオルをお持ちくださいませ。

なお、事前のお申し込みや、当日欠席のご連絡は、必要ございませんので、ご都合宜しければ当日直接お越しくださいませ。

お誘い合わせの上、どなたでもお気軽にどうぞ宜しくお願いします^_^

◆日時
3月24日 (日)
14:00から16:00まで

◆会費
500円

◆開催場所
願教寺 本堂
大阪市鶴見区今津南四丁目4番32号
最寄駅 JR学研都市線 「徳庵駅」

※当催事は宗教活動ではなく、お寺という地域のコミュニティスペースをお借りして実施するものです。
※お寺のご都合により、催事が急遽中止になる場合がございます。ご了承のほど宜しくお願い致します。

c_Nn9gm4jiBLPooYEZ.jpg
 

2019.02.19 09:21 【告知】寺市開催

【第11回 寺市 in 願教寺】

~お寺で市場!?入場無料!!~


他に類をみないお寺での催事であり、毎回約200人から多い時には300人ほどの方々がお越しになられています。開門前には行列ができるほどの人気がある催事の1つです。

まるでお寺で市場が行われているかのような賑わいとなり、老若男女あらゆる世代がお寺に気軽に集っていただける地域密着型の催事です。


売り切れ次第終了ですので、お早めにお越しくださいませ。


◆日時

2月24日 (日)

12:00開門 15:00閉門

※雨天決行


◆開催場所

願教寺境内特設スペース

大阪市鶴見区今津南4-4-32

最寄駅 JR学研都市線 「徳庵駅」から徒歩7分


◆コンテンツ

・国産野菜 税込95円(ご縁お返し価格)※一部対象外あり

・ガラガラ抽選会開催(1000円のお買い上げ毎に1回(特賞はUSJペアチケット)

・チャリティーバザー(主にベビー服)

・一本堂の食パン30斤を限定販売

・こにし鍼灸整骨院によるワンコイン施術体験

・京都の名店 菓匠・鈴屋将経(すずやまさみち)のドラ焼きなどのスイーツ特売セール

・ドローン体験コーナー

・「創作旬菜 なかを」の飲食ブース(おでん各種とその他の料理)

・寺カフェ(本堂を特別に飲食スペースとして解放)


◆主催

NPO法人 縁遊-えんじょい-


◆後援

(株)週刊大阪日日新聞社


◆協賛

(株)加登、こにし鍼灸整骨院、創作旬菜 なかを、和空 下寺町、(株)オンタイム、(合)MODESTY、BBQHERO、Rigulus JAPAN、縁陣 -えんじん-


◆協力

真宗大谷派 願教寺


◆お問い合わせ先

NPO法人 縁遊-えんじょい-

Tel : 06-6167-4081

Mail : info@npoenjoy.com

Hp : http://npoenjoy.com/

LINE ID : npoenjoy




※お寺のご都合により、催事が急遽中止になる場合がございます。ご了承のほど宜しくお願い致します。

※駐車場はございませんので、お車でお越しの方は最寄りのコインパーキングへお願い致します。

※自転車でお越しの方は近隣の方のご迷惑にならないようにお願い致します。

※当催事は宗教活動ではなく、お寺という地域のコミュニティスペースをお借りして実施するものです。

※催事について、ご興味のある御寺院さまは、お気軽に当NPO法人までお問い合わせください。


‼️随時募集中‼️

協賛企業さま

ブース出店者さま(野菜以外)

ボランティアスタッフ(11:00から14:00まで)


お気軽にお問い合わせくださいm(_ _)m

c_ra90ITy1KIDUpBJo.jpg

c_tOGBQFOQ9Iye2tNn.jpg
 

2019.02.01 09:32 おてらでおもちつき開催御礼

先日は、【おてらでおもちつき】を開催いたしました。

お越しいただきました皆さま、ありがとうございます。

総勢80名くらいで、今回は子どもが本当に多かったように思います。

いつもいつも、ありがとうございます^_^

c_4CGPq6a8BHOBUgit.jpg

c_j4onNdIuwGn6WAnp.jpg

c_ixVHvGSvzt3cmsDV.jpg

c_fyGO4qpRiLIKVJlH.jpg

c_JqFzm5muijPfFxi3.jpg

c_DKOjrbeHUJVAGlMH.jpg

c_y0yTvjauLUm1a2X8.jpg

2019.01.22 12:50 【告知】おてらでおもちつき

【第5回 おてらでおもちつき】

お寺で毎年1月恒例の『おもちつき』を開催します!

おもちは、もちろん

あったかーい手作りの大量の豚汁も例年通りご用意。

カイロはご自由にどうぞ。

お茶と甘酒の振る舞い有り。

室内外に暖有り。尚、本堂内は飲食禁止。

巨大テントがあるので、雨天決行。


どなたでもお気軽にお越しください。

事前のお申し込みは一切必要ございません。


ご参加される皆様は、必ず消毒のご協力のほど宜しくお願い致します。


◆日時

1月27日 (日)

14:00から17:00まで


◆会費

500円

小学生以下無料


◆開催場所

願教寺 境内

大阪市鶴見区今津南四丁目4番32号

最寄駅 JR学研都市線 「徳庵駅」から徒歩7分


◆主催

NPO法人 縁遊-えんじょい-

◆後援

(株)週刊大阪日日新聞社

◆協力

願教寺


◆お問い合わせ先

NPO法人 縁遊-えんじょい-

Tel : 06-6167-4081

Mail : info@npoenjoy.com

Hp : http://npoenjoy.com/

LINE ID : npoenjoy



※お寺のご都合により、催事が急遽中止になる場合がございます。ご了承のほど宜しくお願い致します。

※当催事は宗教活動ではなく、お寺という地域のコミュニティスペースをお借りして実施するものです。

※催事運営について、ご興味のある御寺院さまは、お気軽に当NPO法人までお問い合わせください。


c_iRBWbUCmku3WY5Km.jpg
 

2019.01.17 14:28 あれから24年

今年も、神戸市中央区の公園 東遊園地にて行われた『阪神淡路大震災1.17のつどい』に寄せていだいて、現地で5:46に手を合わせてきました。

平成7年1月17日午前5時46分。  

阪神淡路大震災が発生しました。

あれから24年を迎えました。

毎年、現地での黙祷の1分間すごく自分自身考えさせられます。

この4年で追悼行事は半分にも減ったみたいです。

この4年というのは、4年前に行われた発生後20年の追悼式典からということです。

主催の人の考えもあると思いますし、その考えに反してなかなか次の世代に思いを繋ぎたくても繋げない現状もあるみたいです。

当NPO法人では、各被災地復興支援活動としまして、毎年各被災地へ実際に赴き、救援金を直接渡しに寄せて頂いています。

この思いを、今以上に多方面のいろんな人に発信して各被災地への関心を持ってもらえるきっかけ作りとなれば、続けている私たちも有難いなと改めて考えさせられました。


c_VFnomybJTOI7r8sy.jpg

c_QGAuVlSzOFYvAsAE.jpg

c_dvGgAMJG1jOGBHgX.jpg
 

昨今、地域でのコミュニティーの場の不足が問題になっています。都市化が進むにつれて、また核家族が増えるにつれて、地域の人々とのふれあいが減少しております。 そこで私が僧侶ということもあり、またお寺は本来儀式の場であり、地域のコミュニティーの場ということで、お寺を主な地域のコミュニティーの場として提供し、日常生活をより充実させて頂きたいと考えております。 皆様のご理解と幅広いご支援・助言を頂きまして、共に地域に根付いた活動を行っていきたいと願っております。 様々な活動を続けていくことで、地域、お寺、そして日本の未来作りを目指して努めて参ります。

支援コメント

一覧を見る

月次レポート

一覧を見る